戦略的休暇の取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実は、今年から戦略的に休日を取ることにしています。

もともと水曜日が休みでしたが、殆ど出勤をして仕事をしていました。

唯一の休みの日曜日にも講演を入れていました。

このままでは、いけないと思っている中での、昨年末の入院。

その入院中に、読んだ本の1冊に曽野綾子さんの『老いの才覚』があります。

その中で、“老年の仕事は、孤独に耐えること、その中で自分を発見する事”といわれ、そのためには以下の4点に留意すべきであると言われていました。

    ・ 一人で遊ぶ習慣をつける

    ・ 何でも面白がっている老人には陽の匂いがして、人が寄ってくる

    ・ 心の準備をして、必要以上に深く悲しまない

    ・ 失ったものを数え上げずに、もっているものを大切に思う

とりあえず、今年から水曜日は仕事場に行かない。

そして、計画的に、映画を見る、美術館に行く、コンサート楽しむことにしました。

特に、曽野綾子さんが言われるように“一人で遊ぶ習慣をつける”に挑戦しています。

映画は、DVDで見ることも多いのですが、2月9日(水)には名古屋のミッドランドシアターで話題の“ソーシャルネットワーク”を見てきました。

平日に一人で映画館?と思いましたが、一人のお客さんの多さには驚きました。

これなら、これからも一人で映画館をと思った一日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!