認知症になったら遺言は作成できません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先回、相続対策のすべての起点は、
“認知機能障害がなく、契約能力があることの証明”とお伝えしました。
しかし、そこが明確でないとどうなるのでしょうか?

私は遺言無効裁判の鑑定を依頼されたことがあります。
故人の遺言書に対して二人の息子さんが
“有効である”
“遺言作成時には意志能力はなく無効”と
意見が対立したのです。
争点は、遺言作成時の意志能力です。
“数か月にわたって高カロリー輸液のみの管理、
遺言作成の前日にも、夜間不穏に対して抗精神病薬の注射が行われている点”から
自分は意志無能力と判断しました。
内科医としては常識的な判断をしたつもりなのですが
一方で相手方の鑑定は意志能力はあると主張します。
しかし、いずれにせよ過去の話の議論でしかありません。
結果的には結論は出ずに
双方で落としどころを見つけ
示談で終了しました。
ただし、一つ言えることは、
遺族の間で、裁判が起こった場合、
関係の修復は不可能ということです。

自分は、
“最高の先祖の供養は残された家族が仲良く過ごすことである”と
教えられました。
そのためにも
意志能力があるうちに
適切な遺言を作成して
遺族の争いを避けるべきです。
何しろ、認知症になってからは
遺言は作成することはできないのですから・・
争族.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!